食べ物 病気関連情報

病気にも関係する食べ物

食べ物は人間などの生物が生きていくために必須のものですが、それには病気を予防したりする効果があります。
予防という観点からみると食べ物に含まれている栄養成分が鍵を握り、その栄養を摂取することで体の免疫力をアップして健康状態を維持することが可能となります。
その他に代謝機能を上げたり、生理機能を改善させたりする上でもその働きがあります。
毎日の健康生活を維持する上では重要な役割を担っているのです。
ただ食べ物が病気の原因になる可能性もあります。
例えば腐ったものを食べれば腹痛などを引き起こし、また食中毒なども引き起こします。
食中毒のみならず、偏食などによっては生活習慣病などの原因にもなります。
つまり、病気を予防することが出来るのと同時に、その原因にもなってしまうという両刃の剣の特徴もあります。
従って、古来より食事には気を付けなければならず、美味しいものばかりを食べると体の健康にはマイナスであると指摘されています。
そのため栄養面から見てバランスの取れた食事の重要性は言うまでもありません。