食べ物 病気関連情報

なすびがガン予防に役立つ

日本人のほとんどがガンになると言われています。
一番身近な病気と言っても過言ではありません。
若いうちから食べ物に気を使い、ガンにならないようにしたいものです。
どんな食べ物がガン予防に役立つのでしょうか。
色々ありますが、あまり知られていないもので言うと、なすびが挙げられます。
なすびの紫紺色の皮には、抗ガン作用があると言われているのです。
これを知っている人はほとんどいないでしょう。
さらに、抗酸化作用もあるので、様々な病気の予防に役立ちます。
もちろん、これらだけではありません。
高血圧や動脈硬化の予防、便秘や口内炎の改善とかなり重宝します。
また、ほてりを抑える力もあるので、夏が旬と言うのも納得です。
その昔、なすびは栄養がないから食べても意味がないと言われることがよくありました。
おそらく、水分が多いからでしょう。
もちろん、今ではそんな風に考えられることはありません。
体に良いと言うことで、老若男女問わず愛されています。